キャビテーションではどんな痩身エステを展開しているの?

大阪の痩身エステでキャビテーションができるのは、

 

シーズ・ラボ
たかの友梨ビューティクリニック
D.D.Labo

 

です。

 

今、痩身エステではキャビテーションを使った施術が注目を集め、多くのエステサロンで導入されています。
切らなくていい脂肪吸引として脚光を浴びているキャビテーションですが、本当に効果があるのか気になっている人も多いでしょう。
そもそもキャビテーションとはいったいなんなのか、メリット、デメリットも含めて検証してみましょう。

 

・キャビテーションとは?

 

キャビテーションは、超音波を使う特殊なマシンで脂肪を退治できる施術です。
痛みや副作用もなく、厄介なセルライトも落とせると人気を高めています。
メスを入れて体に傷を付けたり、ダウンタイムを気にすることもなく、短時間で施術できる魅力もあります。
1回目の施術からウエストが数センチ落ちたなど、成果を実感しやすいのも特長です。

 

・キャビテーションのメリット

 

キャビテーションは、気になる部分だけを集中的にケアできるのもメリットの一つです。
運動や食事制限では落ちにくい太ももや二の腕だけを施術するコースも、多くのエステサロンで設けられています。
同時に数カ所をケアすることも可能で、多くのサロンで実績をあげているようです。
施術後はリバウンドが心配ですが、直接脂肪を退治するのでリバウンドしにくいという特長もあります。

 

・キャビテーションのデメリット

 

キャビテーションは、効果的に脂肪を溶かしてくれる効果が期待できますが、溶かした脂肪を体の外に追い出す効果は期待できないそうです。
そのため、キャビテーションだけの施術で終わってしまうと溶けた脂肪がまたセルライトになってしまうことがあります。
効果を持続させるためには、マッサージやボディートリートメントを併用するのがオススメです。
1回目の施術で成果を実感する人も多いのですが、理想のボディを手に入れるためにはやはり数回通う必要があるようです。

 

・セルフキャビテーション

 

少しでもお金を節約したい人やもっと気軽にキャビテーションしたい人のために、セルフコースを設けているお店もあるようです。
家庭用のマシンを使うサロンが多いようですが、業務用のマシンを使えるお店も登場しています。
最初に説明を聞いたら、後は制限時間内に自由に使っていいので自分で納得が行くようにケアできます。
二人で行って半分ずつということも可能なので、ちょっとだけ試したいときはお友達を誘って行くといいですね。

 

キャビテーションは、冷えた体だと効果が半減することがあるようです。
エステサロンでは遠赤外線やヒートマットなどを使って体を温める施術も行われていますから、ダブルで施術してもらうとより高い成果が期待できます。