お風呂でできるセルライトケア

大阪 痩身 セルライト自宅

お風呂とセルライトケアには双方共に密接な関係性があり、入浴の際に工夫することで簡単にセルライトを押さえ込むことができます。

 

まずお風呂に入る際にセルライトケアという点で考えたときに重要になるのは、シャワーだけで済ませるのではなく湯船につかるという点です。

 

脂肪を燃焼しやすい体を作るためには血液を循環させることが非常に大切で、人間の体は冷えた状態だと体が硬くなり血液循環が鈍くなるのですが、お湯につかり体を暖めることで全身に血液がいきわたり新陳代謝も活発になり、脂肪が溜まりがちな冷え性の状態を脱することができるのです。

 

お湯は湯船いっぱいに入れる必要はなく半身浴をするぐらいの量で十分となり、温度は汗をかくことが目的ではありませんので自身の体温よりやや高い38〜40度ほどに設定しておけばよいでしょう。

 

またただ単に半身浴をすればよいというわけではなく、せっかく血液のめぐりが良くなっていますので脂肪がたまっている箇所をマッサージすることにより、さらに高い痩身効果が期待できます。

 

セルライトは脂肪細胞が肥大化しすぎたために血液やリンパの流れが悪く老廃物が排出されず溜まっていますので、それを血流に乗せて流れるようにやさしく肉を摘むようにマッサージを繰り返すと良いでしょう。

 

またお風呂でできるセルライトケア用のマッサージ器などの器具があればそちらを用いることでも良いので、最低でも30分以上はかけて湯船につかりながら全身をすっきりさせましょう。

 

⇒無理なく痩せる!大阪のおすすめ痩身エステ情報